Concept

コンセプト

本能のオーダーを、聞く。

家づくりとは、理想を現実にすることです。望む場所に、望む家屋。
しかし、その理想。お客様が口に乗せたことが、全てでしょうか。
声なき声。言葉にならない思惑。心がオーダーする暮らしを現実にする家づくりに、必要なことは何か。
ここに考えを及ぼすとき、慮りの心が大切なように思えて来ます。

よく話を聞く、と言えば簡単なようですが、その実、言われたことをそのまま反映することが
真のオーダー住宅と言えるのか、とも思うのです。人の頭の中にあることは、たいてい誰もが思うこと。
結果、オーダーメイドとは名ばかりの、どこかで見たことがある家になることも少なくありません。
期待にこたえる、では足りない。期待を超える。答えのない答えを、追い続けます。

平屋の注文住宅 STORIA

『storia』とはイタリア語で『物語』という意味。
5年間で100棟を超える平屋分譲実績と「平屋の街をつくる。」プロジェクトで
グッドデザイン賞を受賞した拓匠開発が、新たな「平屋びとの物語」を創造し、想像を超えた感動へといざないます。

お客様とともに叶える理想の平屋

「お客様は、何が一番好きですか?」
一見、家づくりとは関係ないようなこの質問。
しかし、私たちの平屋づくりは、こんな質問から始まります。
お客様が好きなもの、好きなこと。
大切にしているもの。
そんなお話の中から、想像を超えた、まだ見ぬ理想をカタチにします。
「そうきたか!」と、言っていただくのが私たちの使命です。

自分だけの「居場所」を大切にしたい

心地よいと感じる自分だけの「居場所」
100人いたら、100通りの「居場所」があります。
・お庭で大切に育てている植栽を家の中から眺めて暮らしたい。
・毎年撮影する家族写真は、ここに並べたい。
・キッチン横で家事をしながら合間で趣味もできるカウンターが欲しいなど。
自分だけのこだわり、家族みんなで大切にしたいこだわりや、理想の暮らし方を設計します。
家の規格に合わせるのではない、こだわりをカタチにする規格外の平屋をご提案します。

平屋のための土地探し

どこで暮らす?
私たちは、どこに建てるかも設計のひとつとして考えます。
・この空間は、たっぷりの太陽光で満たしたい。
・風が心地よく通り抜ける高台に、大きな窓がある平屋を建てたい。
平屋と土地の魅力を最大限に引きだすご提案をします。
「立地が最高なんだけど、ここに平屋は建てられる?」
そんな不安要素があるときも、お任せください。
造成や建築工事を数多く手がけてきた専門家が、「土からつくる家」をご提案します。

Works

施工実績

Voice

お客様の声

INTERVIEW 01I様

中庭を挟む形で2つの住空間が存在。リビング側は家族で過ごす空間、長い廊下でつながる反対側は子供部屋などのプライベートな居室が集まる。「楽しむ」と「休む」が間取りの工夫で分けられた好例である。

平屋とは思えない高さと開放感。空と太陽のすがすがしさを暮らしの中に取り入れた。

人と被らない個性的な家がいいと思い平屋を希望、土地造成から丁寧に取り組んでいるという部分でも信頼を寄せ、拓匠開発さんの家にしました。気に入っているのは天井の高さがもたらす平屋とは思えない開放感です。

梁の配置も高さをさらに引き立てるアクセントになっていると感じます。吹き抜けでなくても、ここまで高さを出せるんだと驚いています。

中庭部分をウッドデッキ仕様とし、多目的に使えるようにした。子供用のプールを置いたり、天気の良い日はテーブルを出してランチをしたり。太陽の光や風を感じる心地よい空間を自宅の中に取り入れている。

私は山登りが趣味なのですが、ゆるやかな勾配天井がもたらす山荘のような雰囲気も気に入っています。およそ30棟の平屋が立ち並ぶ街区は空を間近に感じられるのがいいですね。

一棟一棟デザインは違いますが、平屋という部分での統一感があるため、景観も伸びやかで気持ちいい。たまによそのお宅のデザインを見たりして「中はどんな感じなのかな?」と想像しながら平屋の街を散策しています。

INTERVIEW 02M様

もともと平屋がいいなと思って家探しをしていました。でも平屋って、何だか古いイメージのものが多くて、なかなかお洒落なものに出会えなかったんです。その中で見つけたのが拓匠開発さんの平屋でした。’今っぽい’お洒落な間取りと、薪ストーブがあるところが決め手でしたね。

薪ストーブは火をつけるととにかく暖かいんです!夜には薪ストーブの火を見ながらお酒を飲んで贅沢な時間を過ごしています。

平屋だと床面積が広い分ワンちゃんとのびのび暮らせるし、1階と2階で生活が分断されることがないのがいいところです。マンションではお散歩が大変だったので、今は助かっています。子供も常に目の届くところにいるので子育て世代としても平屋はありがたいですね。

土間やデッキでは日曜大工をしたりワンちゃんと一緒に日向ぼっこをしたりして楽しんでいます。

INTERVIEW 03I様

【平屋のお気に入りポイント】

天井が高くて開放的です!リビングも広くて、お友達が遊びに来た時も「広い!」と褒められるのが嬉しいですね。キッチンからもリビングがよく見えるので、子供の様子が見守れますし、来客時には料理をしながらお客さんとお話しもできて良いですね。

動線がとにかく楽だなって思います。子育て真っ最中なので、お風呂上がりにすぐリビングに戻ってこられて、しっかりと目が行き届くのが良いですね。洗濯物を干すのも楽ですし、コンパクトにまとまっているので、老後のことを考えても安心だなって思います。

INTERVIEW 04K様

まるで別荘のような平屋にビビビッ!初めての庭いじりも楽しんでいます。

実際に平屋を見た時に“別荘のような平屋”“自宅が別荘みたい”とビビッときました。

この平屋に住むようになってからは念願のウッドデッキで何度もBBQをしています。冬でも寒いのに外のウッドデッキで夕ご飯を食べたりと、アウトドアご飯を満喫しています。

日中は採光窓のおかげで電気がいらないくらい明るく、お友達が買ってきてくれたハンモックを梁にかけて楽しんでいます。 階段がないので子供の転倒の心配もないので安心です。

庭にもみじの木などを植えたりして、初めての庭いじりも楽しんでいます。

Hirayabito

平屋びと

日本一ハードルがひくいモデルハウス「平屋びと」

「平屋は見たいけど営業マンに接客されるのがイヤ!」という方はパンを食べるフリをして平屋を満喫しに来てください。隣接するベーカリー“トイット さつき”のイートインスペースとして自由に出入りが可能です。

「さわって・つかって・くつろいで。パンを食べても怒られない。」平屋びとは、日本一おもろいモデルハウスでありながら日本一ハードルがひくい平屋のモデルハウスです。

日本初のリアル体感型平屋モデルハウス 無料!

平屋ってどんな感じ? 土間とかウッドデッキってどう使うの? 平屋びとでは、スタッフが実際に掃除をしていたり、洗濯物を干していたりと、家具・家電を置いた平屋でリアルな生活感をご覧いただけます。

もちろん専門スタッフによるご案内も!

モデルハウスには、イートインスペースでは開放されない主寝室・お子様部屋もございます。そちらも含め専門スタッフがご案内させていただきます。

※平屋びとのご利用は無料ですが、パンなどは隣接のベーカリー“トイット さつき”でご購入ください。

平屋びとのご紹介(別サイトへ)

拓匠開発の「平屋」が
グッドデザイン賞を受賞

平屋の街をつくる。

「町全体で借景を楽しめるロケーション」を条件に宅地を開発。
地形を最大限に生かして限られた土地を有効活用することで、コストを抑えつつ、
ゆったりと暮らせる空間を可能にしました。
また、平屋を連棟することで、将来的な日当たりの不安も払拭。
都会で、平屋の個性を大切にした街づくりが評価されました。

Area

施工エリア

千葉県 千葉市中央区、千葉市花見川区、千葉市稲毛区、千葉市若葉区、千葉市緑区、千葉市美浜区、銚子市、市川市、船橋市、松戸市、野田市、茂原市、成田市、佐倉市、東金市、旭市、習志野市、柏市、市原市、流山市、八千代市、我孫子市、鎌ケ谷市、浦安市、四街道市、袖ケ浦市、八街市、印西市、白井市、富里市、匝瑳市、香取市、山武市、いすみ市、大網白里市、酒々井町、栄町、神崎町、多古町、東庄町、九十九里町、芝山町、横芝光町、一宮町、睦沢町、長生村、白子町、長柄町、長南町

※お引き渡し後も責任を持ってメンテナンスを行うため、車で1時間程度を施工エリアとさせていただきます。

About us

会社概要

会社名 株式会社拓匠開発
設立 1988年9⽉26⽇
所在地 〒260-0045
千葉県千葉市中央区弁天2-20-20
資本金 7,000万円
代表取締役 ⼯藤英之
従業員数 80名
TEL 043-309-2011
FAX 043-309-2022
Contact

お問い合わせフォーム

お問い合わせありがとうございます。

平屋の注文住宅に関するお問い合わせは、以下のお問い合わせフォームにて
必要事項を入力の上『入力内容を確認する』ボタンを押してください。

《お電話でのお問い合わせも承っております》

0120-957-927

(受付時間/ 9:00~17:30)

お問い合わせ(※無料)

平屋見学ご予約

アンケート(※任意)

※入力いただいた個人情報は、お客様の事前の同意なく第三者への開示を行いません。

※お問い合わせに関する連絡または弊社物件・サービスに関する連絡以外の目的に使用いたしませんのでご安心ください。